カテゴリ: プライベート

ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 36 >>

我が生涯に一片の悔い無し!

パーマリンク 2009/07/21 19:10:46 著者: satsu メール
カテゴリ: プライベート

昨日、おじいちゃんの家に、行きました。


亡くなったお父さんには、おじいちゃん(92歳)とおばぁちゃん(84歳)が、
まだ生きていて、二人とも元気一杯なのだ! 


が、やっぱり息子が先に逝ってしまうって、悲しいね。。。
最近、しょんぼりしているよ。


かわりに、孫娘の私が、頻繁に会いに行くようにしているよ。

といっても、マンションの隣のお部屋に住んでいるんで、
いつでも余裕で行けるんだけど。



昨日は、おじいちゃん、会った途端、笑い出しました。

私が、我が生涯に一片の悔い無し!Tシャツを着てたから。


ラオウが誰なのか、より、
このフレーズが気に入ったみたい。


「お前は、いっとるなぁ〜〜」と、連発してた。


「いっとる」って、「頭、イッチャッテル」って意味かな!?


「お父さんも、我が生涯に一片の悔い無し!だったよね?」って、
二人で、語ったよ。

苦労も多かったけど、結構好き勝手やってる人だったから。


もし、心残りがあるとしたら、
「私の将来を見届けられなかった」ことだろうな。。。。


でもね、お父さん。

私なら、大丈夫。お父さんと同じ性格だもん。

苦労しながらも、好きなよーにやっていくから。

それが険しい道でも、緩やかな道でも、私は私らしくあるだけ。

毎日楽しくやってるんで、心配いらないからねッ。

1週間経って...

パーマリンク 2009/07/18 21:22:03 著者: satsu メール
カテゴリ: プライベート

父の葬儀から、1週間。よやく落ち着いてきました。

「お父さん、大変だったね・・・」と声をかけていただいても、
「あ、仕方ないよ。寿命だったんだよ」と、けろっと言えるくらいに。


しかし、この1週間は、なかなか辛い日々で、
なんかふわふわ安定しなくて、自分を見失ってるって、感じでした。


お父さんが「さっちゃん」と呼ぶ声を、忘れたくなくて、思い返すと、
すぐそばにいるようで、その度に泣いて・・・。


*****


ご近所さんに、亡くなったことを、報告に行ったら、
みんなびっくりしてた。

泣き出すおばちゃんもいたよ。


父、案外、人気あったからな。


誰に対しても、明るく朗らかで、朝早くからいつも元気よくて、
よく働いて、前向きで、大きな声で、夢いっぱい語って。

娘の私の、自慢話ばっかりしていたみたい。



みんな、父が病気だって、気がつかなかったって。
その元気な姿しか知らなくて、「死」が似合わなかったって。


いいの。その元気な父を、ずっと覚えていてほしい。

きっと、見ていてくれる

パーマリンク 2009/07/15 07:38:34 著者: satsu メール
カテゴリ: プライベート

7月10日、父が亡くなりました。


土日に、家族だけで葬儀を行いました。


今日から、父のいない日常の始まり。

家族の様子を見ながら、仕事復帰します。


******

父の病気のこと

パーマリンク 2009/06/30 08:14:54 著者: satsu メール
カテゴリ: プライベート

心配してメールくれたり、気にかけてくれたり、
ありがとうございます。


父の病気のこと、いずれお話しようと思っていました。



父は、胃癌です。
もう治ることはないのです。


胃が痛いと病院で診てもらったのが、去年の6月。
もうすでに手遅れでした。至るところに転移し、
手術もできない状態。


でも、今年3月までは、ばりばり現場仕事をし、
ホントに病気かと疑うくらい、めちゃ元気で。


4月、ふらふらになりつつも仕事してました。
5月、ついにご飯が食べられなくなり、6月、入院生活。


残りの時間は、あと数ヶ月。



と、いう状況です。



みんな私のことは、心配してくれるけど、

もちろん、私は元気です!!


今のところ、あまり生活も変わらないし、
毎日朝から夜まで、楽しいこといっぱいだし。

なんの問題もないよ?


だから、心配しないで下さい。
「元気だして」「気を落とさないで」「頑張って」
は、要らないです。ホント元気だから。


それより、「元気だね」「頑張ってるね」のが、嬉しいかな?




父とのお別れは、そりゃ辛いけど、

それまでの時間を大切に過ごすことができる この病気は、
そんなに悪い別れ方ではないな、と思っています。


世の中には、もっと辛い別れ方をしている人たちだって
いるんだからね。



泣いて悩んで、私はまた成長できる。またやさしくなれる。

すべてのことを、前向きに捉えています。

父の同窓会

パーマリンク 2009/06/28 10:21:38 著者: satsu メール
カテゴリ: プライベート

入院中の父のお見舞いに、
父の従兄弟さん達が、東京から駆け付けて来てくれました


父と同世代だから、みんな50後半〜60歳くらいの
おじさん&おばさん。


話題の中心は、受験の話とか大学時代の話とか、
若い頃の思い出が多く、母と出会う前の話だから、私も初耳の話も。

盛り上がる会話は、まるで同窓会でした。



痩せた父を見て、みんな驚いていたけど、気持ちは元気でしょ?


私も、久しぶりに、大声で笑う父を見ました。



従兄弟って、いいね
親戚って、いいね。


毎日、いろんな人が会いに来てくれて、
父は人気者だな。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 36 >>

2018年8月
 << <   > >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


グルメレビュー「ぱくぱく日記

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution CMS